ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

ルナブック/こども月の図鑑アプリ

ライセンス : CC0
BOOK IT TO THE MOON ハッシュタグ:#LunaBook #SolarSystem
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> 月の位置(地平線の下でも一日中いつでも)を見つけるためにスマートフォンやタブレットを使用した子供のためのインタラクティブなアプリを開発します。現在の月のデータ(位相、距離等)をアンロックし、その後、関連する"月"の物語を読み取らせるためのユーザー体験を表現します。宇宙機関の写真や動画、月についての楽しい情報を加えます。この課題は、世界中の月面ミッションについての教育と意識向上が目的です。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> 月は私たち人間の文化の中央となっています。私たちは、地球が形成されたかの科学的証拠をアンロックし続けます。月周回無人衛星は、私たちの最も近い天体からの壮観な景色と新たな科学データが提供されます。LRO(Lunar Reconnaissance Orbiter、ルナー・リコネサンス・オービター=アメリカ合衆国の月周回無人衛星)のセンサーは、昼夜の温度マップ、グローバル測地グリッド、高解像度のカラー画像と、月の紫外線アルベド(=紫外線反射能)などのグローバルデータを返します。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> 月に関するいくつかの良い事例が含まれるべきです。インターネット上で公的に利用可能な月のストーリーのリソースがあります。 アプリケーションには、ユーザーが「お気に入り」としてコンテンツをブックマークする機能があります:ギャラリーにお気に入りの写真を保存します。ライブラリにお気に入りの動画を保存します。本棚にお気に入りの本を保存します。そしてお気に入りの楽しいコンテンツを保存します。 アプリケーションはコンテンツ(電子メール、テキスト、ソーシャルメディアなど)を共有する機能を持ちます。このアプリケーションは子供のために設計されているので、ペアレンタルコントロール(親が監視して制限する取り組みのこと)オプション機能があることが必要です。 このアプリケーションは、より多くの火星、太陽、エウロペ(=木星の第二衛星)、エンケラドス(=土星の衛星)、オリオン大星雲、星座、およびその他の惑星の更新情報をフォローすべきです。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント