ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

小惑星採鉱

ライセンス : CC0
ASTEROID MINING #BringMeARock#SolarSystem
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> 小惑星を鉱物資源として利用する時に必要な、候補となる構成物質の特性を知るアプローチと異なる構成物質の採鉱方法を考えて下さい。採鉱に必要な様々な機械の役割を考えてください(例えば、センサユニット、掘削ユニット、パワーの収集と配布、鉱物の取扱いと運搬)。異なる軌道にある小惑星間を移動したり、特定の位置を維持するための解決策を考えてみましょう。あなたのアイデアが既存のシナリオの一部とどう対応するのか分析したり、独自スキームを構築したりしてください。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> 将来、経済的・技術的障害が取り払われた暁には、小惑星は新たな鉱物資源となるかもしれません。小惑星は金属や岩石、塵、まれに氷やタールを含む塊で、45億年前に太陽系が構成される際の「食べ残し」です。数mから数百kmまでの様々な大きさのものが、太陽系にごまんとあります。小さな小惑星は大きなものよりもより多数存在しますが、小さなー家ほどのものでも有用な物質を含んでいます。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> 距離のあるところから小惑星の構成物質を調べる良い方法は分光です。全ての物質はその物質特有の周波数の電磁波(ある色の光)を吸収、反射、放射します。周波数毎の光の強度を調べる分光器と呼ばれる機械により物質の構成が調べられます。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント