ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

Vestaリィヴールド/小惑星Vestaのマップツール

ライセンス : CC0
VESTA REVEALED #WereOutThere#VestaRevealed#SolarSystem
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> Vestaトレックで取得した数値標高モデル(DEM)を利用して、 VestaのCSNBマップ(一定の規則によって定めた小惑星の自然境界地図?)を構築し、一般的なデジタルオンラインツールを作成します。 Vestaトレックはこちら(http://vestatrek.jpl.nasa.gov/)。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> Vestaって何?という疑問にお答えしましょう。Vestaは、これまでの蓄積された小惑星のデジタル標高マップ(DEMとよぶGISでよく用いられる数値標高モデル)が利用可能です。デジタル標高マップは比較的容量が大きく、実際の小惑星よりもやや少なく、不規則です。VestaトレックのWebポータルでは、小惑星の探査のための可視化・分析ツールを提供しています。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> CSNBマップ(Constant-Scale Natural Boundary、一定の規則によって定めた小惑星の自然境界地図?)は、従来の2D地図や3Dモデリングにより作成されたものを越える革新的なマッピングの仕組みを提供します。従来のマップは、小惑星などの定常のオブジェクトとイレギュラーなオブジェクトの両面から規定のグリッドと計算式に基づいて構築されています。一方、CSNBマップは、自然境界の特徴を明確に捕らえて定義されます。これまでに、これらのマップ(CSNBマップ)は、労働集約的で高コストな手動プロセスを経て作成されてきました。Vestaトレックで作成した数値標高モデル(DEM)は、Vestaの特徴認識フィルタを開発することができます。また、Vestaの地形と(位相)幾何学的な自然境界を見つけることができます。 ヒント:セグメント内の比例関係を維持し、一定規模の境界に沿って自然なセグメントを特定します。 3Dマップを作成するには、最初に2次元マップを作成し、3次元可視化モデルに2Dセグメントを再接続します。 ・5%以内の正確な座標軸 ・実際の表面積は、10%以内の(誤差で?)CSNBマップの表面積と一致します。 ・主な特徴(半球、大きな影響を与え、線形尾根と谷での非対称性)は明確な「ファセット」または「セグメント」などの2Dマップで表現されています。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント