ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

NASA火星と小惑星Vestaデータによるオープンワールドの作成/火星とVestaのオープンマップタイルサービス

ライセンス : CC0
OPEN WORLD GENERATION USING NASA MARS AND VESTA DATA #openworldgeneration
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> 現実的な世界をレンダリングするために高度計、地形や画像データを活用して、好みのゲームフレームワークやエンジンを使用してカスタム可能な世界地図・ジェネレータ・モジュールを作成します。これは、火星とVestaの世界の再現するために必要な1 TB超のデータを活用するために、世界地図タイルサービス(世界地図をタイル上したAPI等)をクライアントに提供します。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> あなたは新しい世界を創造したいと思いませんか?「out-of-this-world(地球の外の世界)」を構築したいと思いませんか?オープンワールドゲーム/サンドボックスは、様々なタイプの世界を創造することができますが、これらの世界が実際に存在する現実の地球外の地形や、ローバーや、ロボットの情報を含めることができれば、素晴らしいと思いませんか?NASAは、NASAのデータを使用して、大きく国際社会に貢献する挑戦をするのが大好きです。オープンワールドゲーム/サンドボックスは、プレイヤーに宇宙の学習体験をもたらす火星とVestaのデータセットが利用可能です。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> 人気になる世界展開のゲームを考えてみましょう。既存ゲームのカスタマイズか、プラグインを実装します。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント