ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

イーモバイル牧畜/IT畜産システム、電子遊牧民

ライセンス : CC0
eMobile Pastoralism ハッシュタグ:#EarthRightNow #ESA
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> 衛星画像や気象データを準備し、世界中の遊牧民(畜産事業者?)の移動をサポートするための情報やリソース(例えば、牧草地、水、安全なルート)を提供することにより、生計を維持するのに役立ちます。 プロジェクトの目的は、土地の監視に関する情報を遊牧民のコミュニティを提供するモバイルアプリケーションのための稼動するプロトタイプを設計することです: 水の利用可能性、牧草地、ネットワーキングでコミュニティを支援します。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> 遊牧は、家畜の飼育に依存し、地域の移住を行い、社会・文化的生活を継続するための経済的な方法です。何世紀もの間、遊牧が管理され、他のコミュニティとの共依存と複雑な経済を育成しながら生計を支え、持続可能な方法で、一般的な放牧地を継続しています(例えば、農家との肥料のため契約、織工とウールのための布の手配)。アジアの牧畜は慣習や規制、機関や持続可能な動物の飼育のルールに基づいて、ガバナンスの精巧なシステムを通じて、継続的な放牧地の管理をします。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> どのようなモバイルアプリケーションが牧畜のために役立つでしょうか? ・彼ら(遊牧民)はなじみのない地域社会に到着すると、モバイルアプリケーションで、リソースと支援ネットワークの情報にアクセスできます。 ・モバイルアプリケーションは、自分の家畜に関連する重要な情報、自然災害、危機管理(警察、医療など)、天候情報を含みます。 このアプリケーションによって、どのような種類の情報が提供されるでしょうか? 大きく分けると以下の2つの情報が有用であると考えられます。: ・土地の草、水場、旅の移動のための最も安全なルートの情報(回避すべき障害物、e.g侵食)、市場の場所、気象情報。 ・共有地の法律上の土地の権利者の情報、法的に牧畜に関連する問題、疾患に関連する情報、飼料、付加価値商品。 考慮すべき制約: ・アプリケーションは、直感的で可能な限り幅広いユーザがアクセスできるようにするため、シンボリックな表現または可視化されたイメージ画像である必要があります。 ・信頼性の低いインターネット/データ接続環境:単純で低い回線環境でも使用できる仕様を推奨します。 ・スマートフォンを利用することは、制限されるかもしれません。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント