ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

エアーチェック/呼吸器疾患プラットフォーム

ライセンス : CC0
Aircheck #EarthRightNow #Aircheck
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> 環境要因の変化を比較するために、アレルギーや呼吸器疾患の症状の発生と温度、相対湿度、大気汚染などの情報のアプリケーションやプラットフォームを開発し、咳、息切れ、喘息、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみの症状を地理的マッピングします。米航空宇宙局(NASA)のデータと、症状を比較するWebまたはスマートフォンの可視化サイトを作成します。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> NASAの EOSDIS はブラウザ上で操作可能な地球全球の高解像度衛星画像と関連するデータを提供しています。百以上のデータの多くは観測から3時間以内にアップロードされ、地球全球の様相を示します。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> 以下のようなカテゴリーに属する全世界規模のデータの活用が考えられます。 大気の質、噴煙流、砂嵐、火事、煙流 その他:相対湿度 Worldview は Global Imagery Browse Services (GIBS) を利用して、ブラウザ操作に機敏に反応して画像を取得しています。Worldviewはmapping libraryとしてOpenLayersを使うと同時に、GIBSの画像をNASA World Windや他のクライアントサービスから取得する事もできます。このチャレンジでは独自のクライアントの開発やこれら既存のサービスを使用したNASAの画像の使用を推奨しています。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント