ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

アースライブ/地球観測システム

ライセンス : CC0
Earth Live #EarthLive #EarthRightNow
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> 地球変動の影響を示すため、衛星画像や気象データを用いたWebツールや、既存のアプリやウェブサイトのためのモバイルデバイスの開発 アイデアは以下の通りです: ・NASAの地球観測データを使用して、ソーシャルメディア、スマートフォン、およびショートメッセージサービス(SMS)テキスト電話に、地方、地域、および全国ネットワークでのパブリックに接続します。 ・宇宙から地球規模で歴史的またはリアルタイムに近い画像を閲覧することにより、NASAのEONET(地球観測自然現象の追跡ツール)をキュレーションし、自然現象を調べます。 ・実証データや実証画像をアップロードし、何が起きているか衛星データと比較します。たとえば、早期警戒アラートを生成した際に、NASAの地球の降水観測ミッションから報告された降水確率を検証します。 ・基本的な要求構造に基づいて、動的な画像生成を可能にするために、モバイルにNASAの画像を統合します。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> NASAはさまざまな地球観測データを公開しています。これらを用いて一般市民のみなさんが科学分野に貢献し、既存の天候やマッピングのアプリケーションを強化することができます。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> 以下のNASAサイトには、あなたの制作をサポートする有益な情報が公開されています。 ・NASA GIBS(画像閲覧サービス)では歴史的なものから最近の日常的なものまで、標準的なプロトコルを介して宇宙空間から撮影されたデータを提供しています。これらはTrue Color(コンピュータ上での色の表現方法の一つ。24ビットカラー)や遠隔センシングされた科学的パラメータ(例えば、海面水温や海氷密接度など)を含みます。 ・EONET(地球観測自然現象トラッカー)はプロトタイプとして運用されているウェブサービスで、自然現象のメタデータを集積し、ウェブサービスで利用可能な画像ソースと関連付けて提供しています。 ・GPM(グローバル降水観測)のミッションでは最も正確で包括的な降雨と降雪データを提供します。一般市民はこれらのデータを研究、気象分析とその他の用途で利用できます。 ・MODISではNASAが保有する活用可能な地表データが見つかります。 ・ClimateSERVは開発実務者、科学者および研究者、そして政府の意思決定者向けのツールです。このツールを活用すると、視覚的に過去の降雨データや植生条件データ、そして降雨と気温の180日予測データをダウンロードできます。これらを用いることで、農業や水資源のような課題解決のためによりよい意思決定が可能になります。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント