ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

ドローンをクラッシュさせるな/ドローン運用支援アプリの開発

ライセンス : CC0
Don't Crash My Drone 難易度:中(Intermediate) ハッシュタグ:#Aeronoutics #DroneHome
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> GPS位置情報を利用して半径5マイル(8km)の天候や地形、飛行禁止区域を小型ドローンの運用者に提供するアプリを開発してください。
更新: 2016年4月27日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> 多数の小型ドローンが風や雨、雪、空中にある物体によって墜落しています。多くの場合、ドローンは修理不可能なダメージを負います。またある時は、ドローンが偶発的に飛行禁止区域や飛行制限区域に入ってしまうことがあります。現在、米国ではドローン運用者は現地の気象局や目視による物体や空中交通の観察から情報を得られますが、墜落事故を防ぐに十分ではありません。また、運用者が米国連邦航空局(FAA)のルールを知っていたとしても、近くの飛行制限については知らないでしょう。
更新: 2016年4月27日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> 新しいアプリは簡単に理解できるフォーマットで作られなければなりません。また、ドローンの様々なコントローラーとつなげ、飛行設定などが規定を超える場合にフライト前やフライト中に警告を発する様にする発展的要素が考えられます。 アプリは運用者の半径5マイル(8km)の状況に応じて動かなくてはなりません。: 気象情報:風速、風向、最大瞬間風速、露点、気温、視界など ズーム可能な画像:植生、建物、棒やワイヤー(送電線)、通信基地局、水場 5マイル(8km)以内の既知の飛行禁止区域や飛行制限区域
更新: 2016年4月27日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント