ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

雲か飛行機雲か/飛行機雲の判別アプリケーション

ライセンス : CC0
Clouds or Contrails 難易度:低(Easy) ハッシュタグ:#Aeronautics #CloudsOrContrails
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> 快晴か晴れた日に、空を見上げると、直線に表示された雲や白煙のようなものが見えることがあります。この”直線”は、喫煙や自然の雲ではありません。これらは航空機によって生成された飛行機雲です。ジェットエンジンの排気から水蒸気が高度での空気の寒さと湿気の多い部分を通過するために飛行機雲が形成されます。ジェット機が通過した後に風が空中に観測した領域内に蒸気の跡を吹き飛ばされているので、ときどき飛行機雲を作成したジェット機が頭上に見えないことがあります。当然のことながら、高く薄い巻雲が直線的な形では発生しません。巻雲は飛行機雲よりも形状がより拡散していて、不規則です。地上での観察者が航空機が生成する白い「雲」の細い線を作っていると判断する確率を決定するアプリケーションを開発することができますか?
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> 飛行機雲は晴れの日に、水蒸気を含むジェットエンジンの排気ガスにより現れます。排気された水蒸気は冷く多湿な上層大気に触れ凝結します。この凝結した水は地上からは鉛筆で描いた細い線のような雲として見えます。大気中の水蒸気量にもよりますが、ジェットエンジンの排気から飛行機雲ができるのは凡そ高度25,000〜35,000ft (7620〜10700m) です。飛行機雲には持続性のあるものとないものがあり、持続性があるものは消えるまで数時間から数日かかりますが、持続性がないものは数分で消えてしまいます。持続性のある飛行機雲は数千平方kmにもわたって広がり、最終的には自然発生した高高度の薄い巻雲と合流する事があります。世界で飛行機への需要が高まるなかで、気象学者はジェット機による人為的な雲量の増加に関心を持っています。飛行機雲を自然発生した巻雲と区別できる信頼性の高いアプリの開発は、科学者が人為的な雲の広がりを評価する助けとなるでしょう。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> 飛行機雲アプリは大まかなユーザーの観測位置と飛行機雲の位置を提供しなければなりません。米国においては様々な飛行機追跡情報がありますので、これを使用すればユーザーの位置と商業機の位置のマッチングができるはずです。注意事項:アプリが扱う情報は商業機のものだけにしてください。個人所有機や軍のもの(なので大抵の政府専用機も)はこのチャレンジに含まれません。飛行経路と観測位置が合理的な一致をした場合、地上の観測者はその白い線が飛行機雲であると言えるでしょう。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント