ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

低ソニックブーム/騒音の可視化

ライセンス : CC0
Low Boom 難易度:低(Easy) ハッシュタグ:#Aeronautics #FlyNASA #LowBoom
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> アプリケーション開発者は通常のソニックブーム(=ロケットが超音速飛行により発生する衝撃波が生む大音響のこと)と比較として、NASAのノイズ研究所から収集した実際の飛行データ、NASAアームストロング飛行研究センターで実施した試験データを使用して、低ソニックブームの可視化の仕組みを構築する必要があります。現在、ノイズデータは、空港の滑走路の周りの「輪郭」と、その周辺地域に示されているいずれかデシベル単位で数値化されています。アプリケーションは人々が彼らの地理的領域にわたって低ソニックブームと通常のソニックブームの差を見ることができまるよう開発することができますか?このようなアプリケーションは、視覚的に学習し、これまでのデータ表示よりも迅速に違いを把握するのに役立つと考えています。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> 不快なソニックブームが地面を揺らし、窓を振るわせ、鼓膜を気付つけるため、陸地上空での超音速飛行はこの数十年禁止されています。しかしながら、出張や救急搬送、家族の危機においては一刻も早く着きたいものです。このような要望によりNASAでは超音速機の新しいデザインによってソニックブームを低減させる方法を研究しています。新たな技術により飛行機による騒音は効果的に低減出来ます。新たなデザインの試験は、実機だけでなく研究所の騒音再現装置においてでも、まだ始まったばかりです。空港周辺や将来の超音速飛行機の経路にあたる地域の住民は、実際に飛ぶ前に低ソニックブーム機による変化を知りたいでしょう。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> アプリは低ソニックブーム機による騒音が現在の超音速機による騒音に比べてどれ程なのか、正確に視覚情報として示さなければなりません。理想的には、アプリはアメリカ合衆国の地図を用いて、ニューヨーク・サンフランシスコ間を上空40,000フィート(約12,000m)でマッハ1.5で水平飛行するときに、普通の超音速機と低ソニックブーム機による騒音がどう聞こえ、感じられるのか比べてください。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント