ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

アストロサイズ/宇宙エクササイズ、宇宙空間での運動プログラム

ライセンス : CC0
Astrocize 難易度:低(Easy) ハッシュタグ:#ISS #BeAnAstronaut
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> 低重力環境での共通のジムツールを適応し、長期ミッション中に使用して楽しく簡単でありながら、骨や筋力の減少を最小限に抑えることができるワークアウトルーチンを設計する方法を見つけます。機器の重量やサイズに関する制約を検討します(機器は、500キロ未満の重量である必要があります)。宇宙飛行士のお気に入りの地球上の目的地を通じて、ジョギングをシミュレートしたり、ユーザー(宇宙飛行士)がやる気にさせるゲーム要素を取り入れて、実利用されることを検討してください。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> 国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士にとって、運動は骨や筋肉の損失を防ぐために、毎日の重要なルーチンです。平均では、1日2時間の運動をします。彼らが使用する運動機器は、地球上で使用しているものと異なっています。地球上の200ポンドのバーベルを持ち上げるのは、とても大変なことです。しかし、宇宙空間でバーベルを持ち上げることははるかに容易です。軽重力のため、200ボンドよりも小さな重さになります。つまり、宇宙飛行士が宇宙空間で使用する運動機器は、筋力維持トレーニングに基づいて、特別に設計する必要があります。この運動機器は一般に重く、厄介なものとなります。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> ISSでは、筋力低下や、骨の強度低下に関するいくつかの研究がなされています。宇宙空間でのウェイトリフティングはARESを行うことで達成することができます。TVISと外部抵抗のあるランニングマシンのベアリングの組み合わせ運用負荷は(COLBERT)は0グラムで動作するランニングマシン(トレッドミル、Treadmill)を提供します。ランニングマシンは、通常の重力でウォーキングやランニングをシミュレートするために使用されています。サイクル(?)は、腕や足の運動するために使用します。 resistive exercise device は地球上ウェイトリフティングをすることと似たようなものです。これは、弾力性のあるゴムコード(バンジーコード)で拘束し、ユーザーは物理的な演習のシリーズを完了することができます。この手法は、月や火星などのそれぞれの場所に合わせて、特定の条件で適用できます。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016年4月23日
更新:2018年10月8日

開催日:2016年4月23日-4月24日
32

評価指数

2

コメント