ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

バーチャルオーロラ/仮想オーロラビジュアライズ

ライセンス : CC0
Virtual Auroras 難易度:中(Intermediate) ハッシュタグ:#ISS #EARTH #SolarSystem #ISSAurora
更新: 2018年11月11日

テキスト 詳細
<説明> ISS(国際宇宙ステーション)のビデオフィード、ISS(国際宇宙ステーション)から地球を見たカメラデータや、「オーロラサウルス」を用いて、オーロラの景色を眺めることができる仮想現実ビューアを開発します。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<背景> 科学者が宇宙研究で使用するための素晴らしいオーロラのビジュアルツールを開発します。オーロラ出現を測定する巨大なテレビ画面を見るようなものです。このビジュアルは、科学者が地球上から宇宙空間のかなた遠くまで、高エネルギー粒子や、電磁場で何が起こっているのかを把握することができます。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
テキスト 詳細
<考察> ISIビデオフィードなどのリソースを組み合わせて、オーロラセンサーと地球観測カメラ(EarthKam)がオーロラを見ることができる場所のマップを作るために、宇宙ステーションからのオーロラ画像に緯度・経度の位置情報認識を行います。 (上記の)マップは、他の太陽系物理学のアプリケーションとの比較のために使用することができます。すなわち、防衛気象衛星プログラムのオーロラデータ・オーロラのモデルとの比較や、市民科学プラットフォーム「オーロラサウルス」のオーロラ出現率と比較をすることができます。 「オーロラサウルス」はオーロラの目撃についてのリアルタイムデータを収集し、オーロラが自分の領域に出現する可能性があるときには、ユーザーにオーロラ出現を通知するNASAの市民科学プロジェクトです。 「オーロラサウルス」は、市民の科学レポートとクラウド上にあるオーロラの陸上観測データを用いて、オーロラの出現予測を向上させます。 地球観測カメラ(EarthKam)は、画像コレクションです。収集する画像として、学生向けの宇宙科学、地理学、社会学、数学、通信、および芸術に関する特別なリソースがあります。
更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)
アイデア 詳細

SpaceApps Tokyo 2016 ハッカソン

開催日: 2016/04/23
作成:2016年2月6日, 更新:2018年10月8日
32

評価指数



更新: 2016年4月23日 (KeitarouNakayama)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

コメント