ハッカソン・アイデアソン成果の共有と
ビジネス化支援・人材情報の統合サイト

伝統工芸品ハザードMAP

日本の伝統工芸品産業を衰退の危機から守るために考案したアイディアです。 各伝統工芸品の衰退危機の度合いごとに色分けされたピンを地図上に落とし、市場の現状を可視化することで、見る人に伝統工芸品への興味関心を抱かせる機会を創出します。
更新: 2018年6月30日

スライド 詳細
更新: 2016年1月15日 (Team UGT)
テキスト 詳細
【エントリー部門】 アイディア部門 【応募者属性】 社会人 【応募者名】 株式会社マピオン チームUGT(チーム代表:小林 祐也) 【エントリー作品の権利指定】 CC BY-NC-ND 【利用しているオープンデータ】 ・OpenStreetMap ・伝統的工芸品/Traditional Crafts of Japan http://linkdata.org/work/rdf1s2263i 【利用しているパートナーリソース】 ・OpenStreetMap http://www.osmf.jp/ 【エントリー作品の詳細説明】 いつの間にか日本の家庭のからどんどん姿を消している伝統工芸品の数々。 調査の結果、伝統工芸品産業の衰退状況について、よく知らない人がほとんどであることがわかりました。 このアイディアは、 ・伝統工芸品の魅力とは何か? ・伝統工芸品に今何が起こっているのか? を誰もが簡単に知ることができる機会を創出し、関心・ニーズの回復と後継者問題の解消、ひいては市場の衰退抑止・回復への一助となればと思い、考案した企画です。
更新: 2016年1月15日 (Team UGT)
データ 詳細
19

評価指数

7 0


更新: 2016年1月15日 (Team UGT)

おすすめの助成制度

このページにおける記載内容を実施する際におすすめの助成制度の情報です。

このページを引用して作られたページ

県や市・区が指定する全国の伝統工芸品のデータブックです。縮小しつつある各産地の伝統工芸品について、文献やWebサイトにより存在を確認して作成しました。自主的に設定した伝統工芸品の定義において、日本国内に約1,400強の品目があることがわかりました。
2

評価指数

1

コメント